名市交N3000形N3107編成 本線試運転

6月23日木曜日、6月4日に甲種輸送された名古屋市交通局N3000形の本線試運転が赤池~八事間でいよいよ開始された。内部には目立った測定器具などはなくすっきりした状態で、試運転が行われる回数が少ない可能性があるかもしれない。

綺麗な車体を一目見ようと鉄道ファンが集まったが、平日の午後ということもあり数は極めて少数であった。先月輸送され試運転を終えたN3106Hはまだ運用に付いておらず日進工場検車場内に留置されている。この2編成の営業運転は近い。期待が高まるばかりである。

▲赤池駅を出発するN3107H。試運転は八事で折り返しとなった。

▲試運転を終え、検車場内に留置されたN3107H。どちらの入り口から見ても見にくい場所に停車しており、豊田線電車内からの撮影は困難と思われる。

▲営業運転を目前に長めの休息をとるN3106H。

いつでも営業につける状態に見えるが、出てこようとしない。

N3107H+N3106Hの併結試運転でも行うのだろうか・・・?